②東北6県へ29日間の車旅 Feed

2011年6月 4日 (土)

長野県-米子大瀑布-157/157

Eoimg_3322  11月5日。米子大瀑布の全景にもう少し近ずいてみましょう。左の2階建ての山小屋と比較しても断崖の高さが分かります。また、長年の水の流れに削られてか滝の口は大きく削られています。
 ここを見て一路我が家への岐路につきました。
長い間、愚作を見ていただきまして有難うございました。
2回目なる車中泊旅で多少要領は分かっていましたが、何せ紅葉と滝をメインにした旅。思うようには行きませんでした。
 今年の紅葉の時期が大きく遅れ、良い時期に遭遇できない間に終わってしまいました。終わってしまえば約1ヶ月間早いものでした。
 東北は始めてで、東北には多くのよい所も多くあることを認識しましたし、東北の人の人情温まる事にも触れさせてもらいました。又機会をつくって行ってみたいと思います。が次回は西日本方面になるでしょうね。

因みに今回の旅行で

  *使用車・・・・・・・・・トヨタクルーガーV、2400CC、四輪駆動車
  *延走行距離・・・・・4、243km、
  *平均時速・・・・・・32km/h
  *平均燃費・・・・・・9.5km/㍑
 概略の費用割合は
  *食  費・・・・・・・・42%
  *ガソリン代・・・・・・19%
  *休暇村宿泊料・・・19%
  *温泉入浴料・・・・・・6%
  *お土産代・・・・・・・・5%
  *駐車・通行料・・・・・4%
  *入園・拝観料・・・・・3%
  *洗 濯 代・・・・・・・2%

2011年6月 3日 (金)

長野県-米子大瀑布-156/157

Eoimg_3357 11月5日
 滝の正面に小高い丘があって、ここに上がると全体が見渡せます。この丘陵地は米子鉱山の跡地だったそうです。
私が今立ってカメラを構えている所に小学校の分校と鉱山事務所があったようです。           今回、画像サイズを大きく、画質を良くし、見やすくするためにリニューアルしたものです。
Eoimg_3330
 全景を広角レンズで見ると雄大です。高さ100m幅が300m位でしょうか。その断崖絶壁から2本の滝がながれています。水量が多い時には、右側にもう1本流れるようです。それが瀑布と言われる由来でしょうね。

長野県-米子大瀑布の権現滝-155/157

Eoimg_3301
 米子大瀑布は、2本目の滝が「権現滝」落差85mです。いずれもが水量が少ない細い滝です。

長野県-米子大瀑布の不動滝-154/157

Eoimg_3284 11月5日
 今日は予定外の行動で、以前から行ってみたいと思っていた長野県須坂の日本滝100選「米子大瀑布」に来ました。途中、カーナビでセットしたのに道を間違えとんでもない林道を歩いていました。地元の人が軽トラックで通りかかったから良かったものの、ここではない事が分かった。
家内を連れてとんでもない事になるところだった。この滝は水量が少なく落差が高い(95m)ので、水が霧状になって水圧がないのか、上から岩が崩れて滝壺を埋めてしまうのか滝壺がありませんでした。
Eoimg_3291

長野県-米子大瀑布へ-153/157

Eoimg_3369 米子大瀑布に向かう途中の林道でも見事に紅葉したカラマツが常緑樹の緑と良いコントラストを出していました。 Eoimg_3270 11月5日
 この道の駅「小布施」も良い道の駅です。道路を挟んで両側に施設があります。来た時には何かイベントをしており駐車場は満車でした。
 情報入手のために周辺を散策して、道路向こうの駐車場はレストランの1階が駐車場になっていたのでそこに移動。何といっても初めてですね、屋根付の家の下で駐車できるのは。雨や冷え込みの厳しい日など最高に良いですね。

2011年6月 2日 (木)

長野県-志賀高原の山田牧場-152/157

Eoimg_3269 11月4日
 間満滝を見てそのまま下って行くには時間も有ったのと紅葉が残っていたので、引き返して良い滝がある「松川渓谷」を通って行くことにしました。
 途中、傘岳の登山口を通り、林道から紅葉した山田牧場を見る。が、今日は土曜日だったのを忘れていました。
 松川渓谷の狭い道路に観光バスが一杯。道路を占領してお客さんの乗降りをさせている。お陰で車は動けず大渋滞。車も止めれずに全て通過。目的を達成できずに、今日の宿泊地道の駅「小布施」に着く。
 *延走行距離;4,074km、 平均時速;31km/h
 *延燃費;9.4km/㍑

長野県-志賀高原の間満滝-151/157

Eoimg_3264 11月4日
 志賀高原の上の方は紅葉も終了していましたが、標高の低いこの辺りはまだ残っていました。
 この間満滝は遠くにあるので望遠で引張って撮っています。日陰でやや霞んでいたのでもう一つしっかりしませんね。落差は100mを超えているようです。

長野県-志賀高原 奥志賀-150/157

Eoimg_3255 この紅葉は「カラマツ」で紅葉の時期が少し遅く、素晴らしい景色が見れました。Eoimg_3254 11月5日
 2年前に来たときは「雑魚川」沿いの紅葉がすばらしいものでした。少しは残っているかと思い来て見ましたが、白樺、ダケカンバなどまったくの枯れ木状態、一枚の葉も残っていません。

長野県-志賀高原にて-149/157

Eoimg_3242 横手山のスカイレーターの乗り口のある「のぞき」から高原を走る国道と微かに雲がかかる笠ヶ岳2076m。まったく紅葉らしきものは見えません、完全に終わっていますね。 Eoimg_3226 11月4日
 日本で一番標高の高い所を通る国道292号の渋峠から噴煙を出す白根山と、遥かに彼方中央やや右のピークから微かに煙を出す浅間山。

長野県-志賀高原芳ヶ原-148/157

Eoimg_3223 白根山から国道292号を通って、最盛期には真っ赤な紅葉が点在しているのですが、紅葉が終わってしまった緑の芳ヶ原。Eoimg_3212
 白根山湯釜の所から弓池園地から笠ヶ岳 。

フォトアルバム