⑮動物・昆虫 Feed

2015年7月16日 (木)

アブラゼミの誕生8/8

Img_0972_2  翌朝3時半。すっかりアブラゼミの成虫になる。もう直ぐ飛び立っていくでしょう。家の外に出してやる。何時の間にか居なくなっていました。セミは7年間ほど地中に居て、地上に出て1週間程。その間に伴侶を見付け子孫を残す営みをして命が絶える。・・・・・

アブラゼミの誕生7/8

Img_0958  約7時間20分後。翅体共に茶褐色になり、この時点でアブラゼミと分かった。

Img_0956  約4時間50分後。翅が更に茶褐色が濃くなって。

アブラゼミの誕生6/8

Img_0952  約4時間25分後。翅の色が少し茶褐色になってきた。これからすると透明になればクマゼミ。そのまま茶褐色になればアブラゼミでしょう。

Img_0945  約4時間05分後。

2015年7月15日 (水)

アブラゼミの誕生5/8

Img_0943  約4時間後。大きく波打っていた翅が平たくなり、小さな波打ちになる。明らかに翅と分かるようになった。体の色が少し褐色になってきた。

Img_0938  約3時間55分後。翅も更に大きくなって、薄緑色が何とも云えない綺麗な色になる。

アブラゼミの誕生4/8

Img_0931 約3時間45分後、薄緑の翅が更に大きくなって。

Img_0929  約3時間40分後。殻から抜け出し自由になると盛んに動き出す。脚も出ています。翅が更に大きくなって、それらしき形状に・・・。

2015年7月14日 (火)

アブラゼミの誕生3/8

Img_0916  約3時間25分後には、完全に脱皮。大きな黒い目玉も、薄緑の翅と分かるものも。体全体が透き通ったような感じに見えます。

Img_0902  撮影しだしてから約3時間12分経過。体を盛んにくねったり、伸びたり縮んだりしながら殻を外して、体の大半が殻から抜け出しています。 体の横に薄緑の翅と思えるものも見えてくる。

アブラゼミの誕生2/8

Img_0894_2  気が付くと、既に脱皮が始まっている。セミを見付けてから2時間が経過していました。

Img_0884

アブラゼミの誕生1/8

Img_0876  夕方に家の外壁をセミの幼虫が、登っているのを見付け、脱皮するまでの過程をカメラに納めてやろうと思い家に持ち込んだ。この時点ではセミの種類は分からなかった。

Img_0874_2 

2012年7月 7日 (土)

ツマグロヒョウモン蝶誕生2

Eodpp_3184a
 上の画像は、サナギに変化して数日すると、頭に近い方のトゲ10本が金色を帯びてきて金歯のようになります。胴体お腹の方のトゲは変化ありません。

 下の画像は、サナギになってから10日程経ったサナギです。色は可なり褐色に変化して羽の模様が多少浮き出てきています。脱皮が始まる寸前になると、体を盛んに動かし、蝶の体とサナギの皮との剥離をしているようです。

 Eodpp_3196

ツマグロヒョウモン蝶誕生

Photo
 サナギになってから、10日で脱皮が始まり蝶が誕生しました。 中でモガクように動きだして、背中部分に裂け目が出来ます。2分程の間に翅が体を包むようにして、逆さ状態で出てきます。    翅は丸くなって縮んでいますが、秒単位で伸び大きく平たくなっていきます。

そして、3時間程このままの状態で翅を広げたり閉じたりしながら、翅が平たく丈夫になるのを待って密を求めて飛び立って行きました。

フォトアルバム