和歌山を歩く Feed

2008年8月18日 (月)

熊野古道を歩く-77/77

Eo77img_7438 帰りは、熊野本宮からバスで紀伊田辺に戻り、帰宅したのが14時頃。電車の中から太平洋上に浮かぶ積乱雲が美しかった。

熊野古道を歩く-76/77

Eo76dsc_8036 熊野本宮大社鳥居前にて。

猛暑の中、熱中症にもならず、熊野古道中辺路の滝尻王子から熊野本宮大社ルートに挑戦した面々。

熊野古道を歩く-75/77

Eo75img_7541 7月26日、湯の峰温泉から大日越ルートで最終目的地の熊野本宮大社に向かいます。今日午後には滋賀県に帰ります。距離は短いようですが、急坂の上りと下りになります。

熊野古道を歩く-74/77

Eo70img_7416 熊野神門の左奥には礼殿があります。上四社と礼殿に今回、猛暑の中を全員無事に熊野本宮大社までお導き頂いた事のお礼と、これからも全員が趣味を通じて健康で楽しく過ごせるようにお願いをして社殿を後にしました。

熊野古道を歩く-73/77

Eo74img_7422 158段の石段の上から鳥居方向を見る。

熊野古道を歩く-72/77

Eo73img_7420 石を磨いて3本足の「やたがらす」が刻まれています。見事に磨かれていますので前の景色が映っています。

2008年8月17日 (日)

熊野古道を歩く-71/77

Eo72img_7419 熊野権現の使いである三本足の変わった烏「やたからす」の幟が目立ちます。日本サッカー協会のシンボルマークのもなっています。

熊野古道を歩く-70/77

Eo71img_7417 狛犬礼殿の前の左右には獅子が睨みを利かせていました。

熊野古道を歩く-69/77

Eo69img_7415 太い大きな注連縄がついている。伊勢神宮なども1年中つけられている。これより中は撮影禁止。奥の正面は社殿が見えます。神門を潜って中に入ると、檜葺きの社殿が3棟並んでいました。上四社の左から第一殿第二殿、第三殿、第四殿です。写真に写っているのが第三殿で主神を祀られています。殿を見た限りでは左側が大きいので間違いますね。

熊も古道を歩く-68/77

Eo68img_7407 158段の石段を上がってくると正面に神門が見える。

明治22年に水害に遭うまでは、熊野川・音無川などの合流する「大斎原」と呼ばれる中州に中四社、下四社があったようです。環境破壊の森林伐採の影響を受け、大雨の影響で土砂堰止ダムが出来決壊して村と共に神殿まで流されてしまったようです。中四社、下四社は今はありませんが、大きな鳥居は建てられています。

フォトアルバム