兵庫を歩く Feed

2012年8月29日 (水)

兵庫佐用町のひまわり畑-9/9

Eoimg_9212
 西下野地区の3ヶ所のひまわり畑全景。Eoimg_9202
 ひまわり畑の向こう側に、民家の庭に花が咲く。Img_9170
 1時間少々の撮影で、日陰の無く汗を拭き拭きの奮闘も終了。またバスに揺られて遠路京都まで帰ります。

2012年8月28日 (火)

兵庫佐用町のひまわり畑-8/9

Eoimg_9184
 正に真夏日の晴天に浮かぶひまわり。良く似合います。Img_9155
 今年は終了しましたが、6地区のひまわりが7月上旬から順次咲いていきますので、鑑賞に行かれる場合は佐用町役場(0790-82-2521)に問い合わせて行かれるのが良いと思います。

兵庫佐用町のひまわり畑-7/9

Eoimg_9151
 違う畑では太陽光の加減か、少し色が違ってました。Eoimg_9136
 どの花も同じ方向のこちらを向いて咲いています。

2012年8月27日 (月)

兵庫佐用町のひまわり畑-6/9

Eoimg_9132
 草むらにはキリギリスもひまわりを鑑賞に来て、盛んに鳴いていました。

2012年8月26日 (日)

兵庫佐用町のひまわり畑-5/9

Eoimg_9220a
 ひまわりが開花していく姿を撮る。1/4程開花する。Eoimg_9219a
 約半分開花する。Eoimg_9216a
 僅かに花びら5枚が開く。Eoimg_9218a
 花弁は閉じた状態。

兵庫佐用町のひまわり畑-4/9

Eoimg_9214a
 ひまわりはよく太陽に向かって花が咲いていると云われますが、そうとは限らないようです。 しかし、花はほとんどが同じ方向を抜いて開花しているようです。 何時も正面から見ていますが後姿もいいですね。Eoimg_9201
 この西下野地区には、ひまわりが咲く畑が3ヶ所隣り合わせにありました。 ここのひまわりは背丈も160cm程で花もやや小ぶりでした。

2012年8月25日 (土)

兵庫佐用町のひまわり畑-3/9

Eoimg_9150
 ひまわりの花芯部分をアップで見る。中心部に向かって渦巻き状に並んでいます。Eoimg_9144
 ひまわり鑑賞には、美化協力金として大人のみ100円が必要です。

兵庫佐用町のひまわり畑-2/9

Eoimg_9169
 6ヶ所には、少ない所でも11万本、「ひまわり祭り」会場の行われる本会場の林崎地区は34万本、東徳久地区では21万本も植わっているようです。Eoimg_9207
 佐用町の畑は6ヶ所に分かれていて、時期をずらせて咲かせていき、7月上旬から8月上旬までひまわりが鑑賞できるようになっているようです。この地区の農家の方々が町起こしで休耕畑に植えられているそうです。

兵庫佐用町のひまわり畑-1/9

Eoimg_9194
 8月1日、兵庫県佐用町の「ひまわり畑」にひまわりを見に行ってきました。京都を8時15分にバスで出発。名神から中国道を経て佐用IC下車して途中で早めの昼食を取って、17万本植わっている西下野地区の畑に行った。 この地区は今日からオープンして1週間程鑑賞でき、佐用地区のひまわりは終了するようです。

2012年8月 5日 (日)

神戸市立王子動物園へ-36/36

 Dpp_3000_3  
 このインコは、「ルリコンゴウインコ」と云う種類。南アメリカ大陸の熱帯雨林に生息。絶滅危惧種のようです。

最大級のインコで体長76~86cm体重0.9~1.5kgにもなることがあるようです。また、60年以上生きるようで、一生ツガイを守るそうです。

Dpp_3347
 このインコは、「キエリボウしインコ」と云うインコです。今年の5月にこの王子動物園で人工ふ化・育雛に成功して繁殖賞を受賞したそうです。絶滅危惧種になっているようです。

南アメリカに生息して、体長は40cm程の大きさ。ものまねがインコの中でも一番上手だそうです。Dpp_2999
 よく分からないのですが、「ヒワコンゴウインコ」だと思います。中央アメリカの熱帯雨林に生息する。体長85cm程の大型のインコです。

フォトアルバム